« ポケットドルツ | トップページ | エコポイント狂騒曲 »

任天堂が赤字

新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が不振だそうだ。

ニンテンドーの平成22年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比33・7%減の3631億円、営業利益が48・0%減の542億円となった。

ゲームソフトのヒットが少なく、ソフトとゲーム機のいずれも販売数を減らしたのが原因だという。 さらに、急激な円高で外貨建て預金などに621億円の為替差損を出し、最終損益は20億円の赤字(前年同期は694億円の黒字)となったもの。

しかし、良く考えると日本ではもうニンテンドーDSもっている子供が多いし、ゲーム機は飽和状態。

そんでもって親の収入が激減しているんだから、売れないのは当たり前だと思う。 当分、ゲーム機会社は苦しいかもよ!

ドロップシッピング


|

« ポケットドルツ | トップページ | エコポイント狂騒曲 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424156/37446446

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂が赤字:

« ポケットドルツ | トップページ | エコポイント狂騒曲 »